「えぬじんのスープ」へようこそ!
ようこそ! ゲスト さん
 ログイン 新規登録

【ウミガメ】「 quiet room 」

その部屋は、いつも静かだった。
ある日、1人の男の子が訪ねてきた。
「僕と外へ行かないかい?」
男の子はそう言ったようだった。
私は黙って立ち上がり、
彼の手を取って歩き出した。
2人でなら、きっと大丈夫。

さて、どういうこと?
19年04月29日 18:05
【ウミガメのスープ】 [甘露]

5作品名、本日2杯目のスープです!よろしくお願いします!

No.1[カラス]04月29日 18:0704月29日 18:07

私は人間ですか?

YES

No.2[カラス]04月29日 18:0704月29日 18:08

私と男の子は知り合いですか?

NO 今初めて出会いました

No.3[カラス]04月29日 18:0804月29日 18:08

言った"ようだった"部分は関係しますか?

YES! 鋭いなぁ [良い質問]

No.4[カラス]04月29日 18:1004月29日 18:10

私は耳に障害を持っていますか?

YES [良い質問]

No.5[カラス]04月29日 18:1304月29日 18:14

男の子は私がいると知っていて訪ねてきましたか?

YES

No.6[カラス]04月29日 18:1904月29日 18:25

女性は、彼が訪ねてくることを知っていましたか?

NO ちょっと非現実的ですがその辺はご都合主義でいきましょう

No.7[くるっくー]04月29日 19:4504月29日 20:01

男の子は目が見えませんか?

YES! [編集済] [良い質問]

凄い!
もうほぼ終わったようなものですね
まとめてください![編集済]
No.8[中村英寛]04月29日 22:5004月30日 09:03

私は耳が聞こえないのでいつも部屋は静かだった、そんな時に目の見えない男の子がきて、外へ行かないかいと言ってるようだったので、2人なら欠点も補えると思いは私は立ち上がって彼の手を取り外にいった [編集済]

正解です! [正解]

私は、生まれつき耳が聞こえない。
「みんなに聞こえている音が、私には聞こえていない」
その事実が怖くて、人のいる場所を避けて、
この静かな部屋に閉じこもるようになった。
まあ、仮に煩くてもどうせ分からないんだけどね。

ある日、1人の男の子が訪ねてきた。
白い杖をついていた。
恐らく目が見えないのだろう。
「僕と一緒に外へ行かないかい?」
彼はそう言った。
もちろん、私は耳が聞こえないから、読唇術で
そのように「見えた」だけだけれど。
彼は、私の方を向いて、
「僕が君の耳になろう」と言ったようだった。
私は、彼を見て、
「私が彼の目になろう」と思った。
私は黙って立ち上がり、彼の手を取って歩き出した。
私たちはいつも、何かが足りない。
だから2人で補い合おう。

2人でなら、きっと大丈夫。
19年04月29日 18:05 [甘露]
相談チャットです。この問題に関する事を書き込みましょう。
甘露>>早すぎ...[29日21時30分]
カラス>>静か&言ったようだった がかなりのヒントだった[29日18時14分]
甘露>>瞬殺やめちくり〜[29日18時13分]
カラス>>あとは男の子の正体かな?[29日18時12分]
ゲストの方は発言できません、ログインまたは登録してください。