「えぬじんのスープ」へようこそ!
ようこそ! ゲスト さん
 ログイン 新規登録

【亀夫君】「 トトの使命 」

うう、やべぇぞ…オイラは一体この家に閉じ込められてどんくらい経ったんだ…?
こんなところでくたばりたかねぇよ!俺には使命があるんだ…早くこんな場所から抜け出さねぇと…
でも、自分の力じゃあ動けねぇ…おい!誰か!誰か助けてくれぇ!

…あ?な、何か聞こえるぞ!おーい!オイラの声が聞こえるのか?助けてくれぇ!オイラはトト、この家に閉じこめられんだ!
どこかはわからねぇ、質問があるならでっけぇ声で頼むぞ!近くに来たなって思ったらアピールくらいするからな!そんで俺を使命を果たす為の場所に連れてってくれ!

と、言うことで皆さんはあるお家の玄関にいます
探索をしたり、トトくんに大声で質問しながらトトくんを救出して使命を果たす為の目的地へ連れて行ってあげましょう!
19年02月18日 16:54
【亀夫君問題】 [たもちー]

初めての亀夫君問題です、至らぬ点があったらごめんなさい

No.1[トーゴー]02月18日 19:1302月18日 20:45

「トトさん、なんでその家に閉じ込められたんだい?」

オイラ、仲間と一緒に使命をもらうために待ってたんだ!んで、依頼主の家に行くことになったはいいけど、依頼主がオイラを閉じ込めたんだ! [良い質問]

No.2[シン]02月18日 19:4302月18日 20:45

まわりに君以外に誰かいる?

おう!いっぱいいるぞ!でも…俺の話なんか聞いちゃいないし、この場所は寒いのに身を寄せ合う奴も少ないぜ! [良い質問]

No.3[nagigisuke]02月18日 21:0202月18日 21:37

トトさんの周りに何が見える? [編集済]

周りか、薄暗いんだが色んなやつがいるぜ白くてのっぽな奴とか赤色とクリーム色の兄弟みたいにそっくりな2人とかが目立ってんな、壁は白いぜ!

No.4[シン]02月18日 21:3202月18日 21:37

そこは凍るくらい寒いのかい?

凍りはしないが寒いぜ…うぅぅ…早く出たい! [編集済] [良い質問]

No.5[シン]02月18日 21:5202月18日 22:12

台所に行ってみます。トトさん、トトさん、声が聞こえる?

おおー近いぜ近いぜ!聞こえるぞー! [良い質問]

No.6[ショウ]02月18日 23:0102月18日 23:25

つかぬことを聞くけど、トトさんって人間なのかな?

ニン…ゲン…?オイラは…オイラは、ニンゲン…ってやつなのか…?ニンゲンって何だ…?(どうやら混乱して考え込んでいるようだ) [良い質問]

No.7[ショウ]02月19日 00:0802月19日 00:17

ごめんごめん。今のは忘れていいよ。ところでまたつかぬことを聞くけど、トトさんは海と山ならどっちが好き?

ウミだ!ウミ!だってヤマっての知らないもん [良い質問]

No.8[ショウ]02月19日 00:2302月19日 00:36

(台所を探索。冷蔵庫があればそれを開けたいです)

(台所の奥にある冷蔵庫を開けると、真ん中にマグロのお刺身がたくさん入ったパックがありました)おー!オイラだー!トトだ!やっと出れるぜー!後は俺を使命のために目的地に運んでくれ! [編集済] [良い質問]

No.9[ショウ]02月19日 01:2202月19日 07:05

トトさんの使命って、自分を食べてもらうことでいいのかな?

おう!そうだぜ!でも…この家のやつらどこ行ったんだ〜? [良い質問]

ここで、家の使用人を名乗る女が声をかけて来た。
「おやまぁ、それはご主人様が飼っている猫のミヤにあげるはずだった…!」
驚いた様子の女性に、トトは怒った声で言う。
「は、はい!?オイラは猫ってやつのご飯なのか!?ニンゲンってののご飯じゃないのか!」
しかし女性にはその声は聞こえていないようだった、女性は続けてこう言う。
「お客様。どうかミヤを探してこのお刺身をあげてくれませんか、私はミヤにあまり好かれていないのです」
使用人さんは頭を下げて、申し訳なさそうな様子だった。[編集済]
No.10[ショウ]02月19日 21:5402月20日 00:52

使用人さん、あげるのはこのお刺身じゃないとどうしてもだめですか?

ええ、このお刺身でお願いします…餌の場所を知っているのはご主人様と数人の使用人だけですし、ああ早くご主人様が帰ってきてくださればいいのに

No.11[ショウ]02月20日 01:2902月20日 05:47

使用人さん、ミヤさんの特徴について教えていただけますか?

ミヤは真っ白でフワフワとした毛の長めの猫です、この家のどこかには必ずいると思うのですが…なにぶん警戒心が強くて [編集済]

トトくん「そういやあ、オイラがこの家に来る時に家のやつらの声を聞いたが、ミヤってやつはよく2階の左奥だったかのご主人の部屋にいて、餌がある時とご主人がいる時くらいしか出てこないって聞いたぜ?オイラ…ちゃんと食べてもらえるのか?」と使用人の声を聞いたトトくんは不安そうにしているが、何やら特徴は教えてくれた。
No.12[シン]02月20日 19:2102月21日 13:28

トトさん。お皿の上に出してあげるから、ご主人の部屋の前でミヤさんが出てくるか、少し待ってみようか?

おう!やーっとやーっと目的地だぜ!ありがとな! [正解][良い質問]

しばらくすると、家の主人の部屋の扉が開く
ミヤらしき猫が出てくると、トトくんが乗ったお皿を見て嬉しそうに近寄って食べ始めた。
おめでとうございます、クリアーです!
トトくんは実はお刺身のパック、ここの飼い猫のご飯になるはずだったのですが…
買ったことを忘れた家の人達は飼い猫と使用人を残して旅行へと行ってしまった、傷んでいくトトくんは冷蔵庫で一生を終えるのではなく魚の切り身として食べられるのが使命だ!と思っていたのです

「ありがとなぁみんな!お刺身は新鮮な間に食べろよ!」
19年02月18日 16:54 [たもちー]
相談チャットです。この問題に関する事を書き込みましょう。
シン>>トトくん探すの楽しかったです。出題ありがとうございました。[21日18時44分]
たもちー>>皆さんに楽しんで頂けてるか不安だなぁ[編集済] [20日05時49分]
ゲストの方は発言できません、ログインまたは登録してください。