「えぬじんのスープ」へようこそ!
ようこそ! ゲスト さん
 ログイン 新規登録

【新・形式】「 とある教授の推理小説 」

カメオ「…教授、何をしていらっしゃるんです?」
ギャルヴィン「ああ、亀田君か。…ちょっと助けてくれないか?腰をやってしまってね…あいたたた…全く、年は取りたくないものだな。」
カメオ「…はあ。ギックリ腰ですか…。で、その箱、何が入ってるんですか?」
ギャルヴィン「小説だよ。」
カメオ「小説?なんでそんなに…」
ギャルヴィン「…実は私、学生時代は小説家を本気で目指していてね…。その時の名残りで、よく小説を読むのだよ。…まあ、文才が絶望的になかったせいで挫折したが。」
教授は子供のようにわかりやすく顔を赤らめて照れた。
カメオ「…はあ。どんなジャンルがお好きなんですか?」
ギャルヴィン「推理小説さ。私はアーサー・コナンドイルの大ファンでね。特にシャーロック・ホームズは当時の私にとって憧れだったよ。」
カメオ(教授はどっちかっていうとモリアーティー教授っぽいけど…)「…はあ。詳しくないのでわかりませんが。」
ギャルヴィン「…そうだ!今時間はたっぷりあるだろう?実は、自信作があるのだよ。…頭の体操に、ちょっと推理してみないか?」
カメオ「え」
ギャルヴィン「ある新米探偵が、殺人鬼と対決する話だよ。それは、ロンドンのある大富豪の屋敷内でのこと…」
カメオ(また始まった…)
ロンドンの大富豪、グラッドストン家で起こった殺人事件
被害者 アントニー=オリファント 35歳 家庭教師
容疑者 ローマン=グラッドストン 48歳 当主
マリアンヌ=グラッドストン 44歳 当主の妻
アルバート=グラッドストン 25歳 長男
ドロシー=グラッドストン 21歳 長女
アーリン=グラッドストン 15歳 次男
クリストファー=パーキンソン 78歳 執事
サラ=ハトルストーン 33歳 メイド
犯人、トリック、殺害の理由を推理しよう!
ただしローラー作戦と、上の3つの直接的な質問は禁止とする。(犯人は誰ですか等)
19年02月06日 00:40
【新・形式】 [もてぃお('ω')]

リスペクトして頂いたものをさらにリスペクト

No.1[トーゴー]02月06日 06:2402月06日 07:41

容疑者の中に被害者と恋仲だった人物はいますか?

ギャルヴィン「いいや?いなかったね。」

No.2[トーゴー]02月06日 12:0402月06日 12:47

被害者が教えていたのは3人の子供全員ですか?

ギャルヴィン「ああ。…だが、ある子供だけ、より熱心に教えられていたそうだよ。」 [良い質問]

No.3[トーゴー]02月06日 12:5702月07日 18:19

下心があって熱心に教えていたのでしょうか?

ギャルヴィン「下心…まあその類だな。アントニー=オリファントはローマン=グラッドストンの子供の誰かに用があったのさ。」 [編集済] [良い質問]

No.4[やかた]02月06日 17:5702月07日 18:20

新米探偵が事件現場を発見したときの状況を教えていただけますか?

ギャルヴィン「いいだろう。アントニー=オリファントは、自室でうつ伏せに倒れていて、背中からは激しく出血していたよ。凶器は見つからなかった。」 [編集済] [良い質問]

No.5[トーゴー]02月06日 18:1002月07日 00:04

同性愛者は登場しますか?

ギャルヴィン「いいや?…もしかして、子供の誰かとそういう関係だったのかを疑っているのかい?ふふっ、彼にショタコンの趣味は無いよ。」 [編集済]

No.6[ストロング次郎]02月06日 18:1302月07日 00:02

血の繋がりのない子供はいますか?

ギャルヴィン「いいや?」

No.7[トーゴー]02月07日 10:2102月07日 10:43

被害者を含む富豪一家以外3人の中で、富豪一家の誰かと単なる雇用者と被雇用者以上の関係だった者はいますか?

ギャルヴィン「いなかったね。…だが、富豪一家に対して他の使用人とは違う見方をしていた者はいたな。」 [編集済] [良い質問]

No.8[トーゴー]02月07日 12:1402月07日 13:15

富豪一家に恨みを持つ人物はいましたか?

ギャルヴィン「いなかったね。」

No.9[トーゴー]02月07日 17:3202月07日 18:20

探偵の介入が無かった場合、犠牲者の数は増えましたか?

ギャルヴィン「まあ増えただろうね。なんせ犯人は殺人鬼だ。アントニー=オリファントには、たまたま殺人鬼を怒らせる要素があっただけで、あの屋敷の中の誰が犠牲になってもおかしくなかった。」 [編集済]

No.10[トーゴー]02月07日 18:1402月07日 18:21

第一発見者は探偵ですか?

ギャルヴィン「いいや?第一発見者は、サラ=ハトルストーンだ。ドロシー=グラッドストンの授業の時間になっても使用人寮からアントニーが出てこないからおかしいと思って、管理人に合鍵を借りて彼の部屋に入室したそうだ。」 [編集済] [良い質問]

No.11[トーゴー]02月07日 18:2402月07日 18:28

被害者は自室で死亡していたわけですか…鍵を持っていた管理人は容疑者ではないのですね? [編集済]

ギャルヴィン「ああ。彼は、ずっと管理人室で鍵番をしていた。その時の、室内の監視カメラの映像も全員が確認している。」

No.12[トーゴー]02月07日 18:3002月07日 18:32

被害者の部屋の鍵を開けられるのは、管理人が持つ合鍵と被害者本人が持つ鍵のみですか?

ギャルヴィン「…そうだな。少なくとも、この事件の推理がされていた時は、その2つしか存在していなかった。」 [良い質問]

No.13[トーゴー]02月07日 18:3702月07日 18:38

被害者の鍵は彼の部屋の中にありましたか?

ギャルヴィン「ああ。彼の部屋の中にあったよ。」 [良い質問]

No.14[トーゴー]02月07日 18:4002月07日 20:49

出血多量とのことですが、被害者は刃物によって殺害されていましたか?

ギャルヴィン「彼は刺殺されたのだよ。凶器は、刃物のようなものだった。」 [良い質問]

No.15[myma]02月07日 20:1302月07日 20:49

アントニーはいつもどういったスケジュールで子供さんを教えていたんでしょう。一日に3人いっぺんに? 時間はいつも決まっていたんですよね?

ギャルヴィン「ああ。彼のその日のスケジュールは、ドロシー=グラッドストン→アーリン=グラッドストン→アルバート=グラッドストンの順だったよ。」

No.16[myma]02月07日 20:1502月07日 20:49

妙齢のご婦人の家庭教師に若い男性をお任せすることに、両親は特に何も思わなかったんでしょうか? 縁故採用?

ギャルヴィン「いやいや、さすがに1人で何教科も教えるのは大変だろう。その教科の担当がたまたまアントニー=オリファントだっただけだ。他にも彼女に教えていた教師はいたよ。彼女にとっては悪い人物には見えなかったようだしな。」

No.17[myma]02月07日 20:5402月07日 21:04

ご子息たちはいったい何の教科を教わっていたんですか? [編集済]

ギャルヴィン「数学だな。」

No.18[myma]02月07日 21:0702月07日 21:07

これは綿密な犯罪ですか、それとも突発的衝動的な犯行をごまかした故の密室殺人ですか?

ギャルヴィン「計画的犯行だったよ。」 [良い質問]

No.19[トーゴー]02月07日 21:0802月07日 21:56

凶器は部屋から持ち出されましたか?

ギャルヴィン「いいや?」 [良い質問]

No.20[myma]02月07日 21:1302月07日 21:56

2より、子供に用があったことを隠していましたか?

ギャルヴィン「ああ。もしバレたら彼の計画がパアだからね。」 [良い質問]

No.21[トーゴー]02月07日 22:2302月07日 22:41

凶器は氷ですか?

ギャルヴィン「!!おお、よくわかったね。」 [正解]

No.22[トーゴー]02月07日 22:5102月07日 23:52

つまり、犯人は事前に凶器として用いるべく鋭利な形にした氷を持ち込んで被害者を殺害。その場に放置された凶器は融けてなくなったと…発見された時には、氷が融ける程度には事件発生時より時間が経っていたわけですか。

ギャルヴィン「それだけじゃない。犯行現場には、少し湿っていた程度で、水はほとんど残っていなかった。」 [良い質問]

No.23[トーゴー]02月08日 10:1402月08日 10:41

被害者の部屋に窓はありましたか?

ギャルヴィン「あったが…内側から鍵をかけるタイプだぞ?窓に破られた跡など無かった。」 [編集済]

No.24[トーゴー]02月08日 11:5002月08日 18:15

部屋に花瓶など、水を捨てることができるものはありましたか?

ギャルヴィン「…なかったよ。」

No.25[やかた]02月08日 14:0902月08日 18:15

犯人は血を凍らせて凶器としたんでしょうか?

ギャルヴィン「いやいや、さすがにそれはないよ。」

No.26[トーゴー]02月08日 18:3302月09日 01:58

被害者は即死でしたか?

ギャルヴィン「ああ。」

No.27[トーゴー]02月09日 10:4702月09日 11:38

被害者が何かの計画を持っていたことが殺害につながりましたか?

ギャルヴィン「ああ。」 [良い質問]

No.28[トーゴー]02月09日 12:0802月09日 17:52

被害者の計画とは金銭絡みですか?

ギャルヴィン「ご名答。彼は大金が欲しかったのさ。」 [良い質問]

No.29[シン]02月09日 18:2902月10日 00:43

使用人はみんな同じ使用人寮に住んでいたのですか?

ギャルヴィン「ああ。」

No.30[トーゴー]02月09日 20:5402月10日 00:43

被害者はドロシー嬢を籠絡しようとしていたのでしょうか?

ギャルヴィン「いいや違う。少なくともドロシー=グラッドストンはアントニー=オリファントに対して特別な感情は抱いていなかったし、アントニー=オリファントもまたドロシー=グラッドストンに利用価値があるとは思っていなかった。もっと彼にとって利用価値のある人物がいたのさ。」

No.31[シン]02月10日 10:0702月10日 13:23

被害者は誘拐の計画を企てていたのですか?

ギャルヴィン「ああ。彼は殺人事件の犯人を誘拐する事で、巨万の富を得ようとしていたのさ。」 [良い質問]

No.32[トーゴー]02月10日 19:3402月10日 21:04

犯人は被害者が自分を誘拐しようと企んでいることに気づいていましたか?

ギャルヴィン「ああ。だから彼を最初のターゲットに選んだというわけだ。」 [良い質問]

No.33[シン]02月11日 20:0402月11日 23:19

ということは、犯人はグラッドストン家の3人の子供の誰かということですか?

ギャルヴィン「…鋭いね。」 [良い質問]

No.34[シン]02月12日 19:0702月12日 19:09

殺人は単独でなされたのでしょうか?共犯者はいなかった?

ギャルヴィン「共犯者はいなかった。単独犯だ。」

No.35[シン]02月13日 12:1202月13日 13:42

子供の中で、アントニーの部屋に遊びに行くほど仲が良い子はいましたか?

ギャルヴィン「強いて言うなら全員だな。逆に彼の部屋に気軽に行けないような子供はいなかったよ。」 [編集済]

No.36[シン]02月13日 19:0902月13日 19:15

被害者の部屋には、人が隠れられる家具や道具、入口から死角になるスペースはありましたか?

ギャルヴィン「無いね。」

No.37[トーゴー]02月13日 20:2502月13日 22:01

被害者は殺人者を自ら部屋に招き入れましたか?

ギャルヴィン「いいや?殺人鬼が自分で行った。」

No.38[シン]02月15日 20:3102月15日 23:27

生きている被害者が最後に目撃されたのはいつ、誰にですか?

ギャルヴィン「事件の前日の夜10時頃…サラ=ハトルストーンにだね。」

No.39[トーゴー]02月15日 20:4302月15日 23:27

犯人に共犯者はいましたか?

ギャルヴィン「単独犯だ。」

No.40[シン]02月15日 21:0702月15日 23:27

殺害された時刻は夜中ですか?

ギャルヴィン「そうなるね。」

No.41[シン]02月16日 01:2802月16日 08:24

誘拐するなら未成年のアーリンが一番誘拐しやすそうな気がするのですが、安易な考えでしょうか?

ギャルヴィン「正解。彼はグラッドストン家史上ダントツの頭脳を持つ天才だった。だから次期当主候補はアルバート=グラッドストンではなく、アーリン=グラッドストンだった。」 [正解]

No.42[トーゴー]02月16日 10:1102月16日 11:44

アーリンが後継者とされていることについて、他の子供は反感を抱いていましたか?

ギャルヴィン「いいや?彼の才能は全員が認めていたからね。」

No.43[シン]02月16日 10:2902月16日 11:44

被害者の部屋に氷が溶けた跡がなかったそうですが、砕いてトイレに流して始末したのでしょうか?

ギャルヴィン「いいや。」

No.44[シン]02月16日 11:0102月16日 12:38

殺人現場で、探偵が見つけた証拠品は何かありましたか?

ギャルヴィン「トリックを証明する証拠はあったね。部屋に明らかな異常があったんだ。」 [良い質問]

No.45[シン]02月16日 12:0002月16日 12:46

部屋の異常とは家具にありましたか?

ギャルヴィン「ああ。だが部屋全体にもあったな。」 [編集済] [良い質問]

No.46[シン]02月16日 14:5502月16日 15:33

家具や壁に傷がつけられていたのですか?

ギャルヴィン「違う。見てわかるものではなかった。」

No.47[シン]02月16日 15:5402月16日 16:38

変わったにおいがしましたか?

ギャルヴィン「違う。」

ギャルヴィン「アーリン=グラッドストンは、凶器を融かしたり水に流したりするだけでは完全に凶器を消し去る事は不可能だと考えた。だから彼はあの方法しかないと考えたわけだ。だが、その方法には穴があった。探偵はそれに気がついたのさ。」
No.48[シン]02月16日 19:2802月16日 19:57

犯人が凶器にした氷を食べたのかなとか、ちょっと思ってましたw部屋の異常と凶器を消した方法に関連があるということですよね?

ギャルヴィン「氷だからって流石に血が付いたナイフを食べたりしないよ。凶器を消すための方法で証拠を残してしまった訳だ。」 [編集済] [良い質問]

No.49[トーゴー]02月16日 20:0602月16日 20:26

被害者の体内に仕込みましたか?

ギャルヴィン「いや、凶器はちゃんと部屋の中にあったよ。見えなくなってしまったけれど。」

No.50[トーゴー]02月16日 20:4602月16日 21:10

蒸発させましたか?

ギャルヴィン「正解。」 [正解]

ギャルヴィン「水分を蒸発させられそうなものと言ったら何かな?…いや、乾燥の方がわかりやすいかな?」[編集済]
No.51[シン]02月16日 23:2502月16日 23:56

ドライヤーですか?

ギャルヴィン「ああ。」 [正解]

No.52[トーゴー]02月17日 07:3502月17日 09:57

ドライヤーの電源が入りっぱなしでしたか?

ギャルヴィン「いや、ドライヤーは切ってあったんだが…」 [良い質問]

No.53[シン]02月17日 08:4402月17日 09:57

部屋全体の異常とはブレーカーが落ちていたことでしょうか?

ギャルヴィン「違う。アーリン=グラッドストンは、ドライヤーの他に、もう一つ氷の温度を早く上げる仕掛けをしていたんだ。」

No.54[トーゴー]02月17日 11:4502月17日 13:24

暖房は入っていましたか?

ギャルヴィン「ああ。」 [正解]

No.55[トーゴー]02月17日 13:2602月17日 13:31

事件当時は冬でしたか?

ギャルヴィン「ああ。季節は冬だった。だが暖房の温度が明らかにおかしかったんだ。」 [良い質問]

No.56[シン]02月17日 13:3102月17日 13:36

密室のトリックについてですが、ドアの内側の鍵はツマミをまわすタイプの鍵ですか?

ギャルヴィン「いいや?外側から鍵をかけるタイプだ。」

No.57[トーゴー]02月17日 13:5002月17日 15:16

被害者は暑がりでしたか?

ギャルヴィン「まあ…普通だったよ。暖房を付けたのは被害者ではなかったからな。」 [良い質問]

No.58[トーゴー]02月17日 16:4202月17日 16:52

部屋の温度は、冬だというのに暑いくらいに設定されていましたか?

ギャルヴィン「ああ。探偵は、それで凶器を特定したのさ。」 [編集済] [正解]

犯人は、次男のアーリン。
彼は、まず自作の合鍵でアントニーの部屋に入り、自作のナイフで彼を刺殺。アーリンは部屋の暖房を使用して氷で作られたナイフと鍵を融かし、ドライヤーで水分を乾かした。部屋が異常なまでに暖かかったので探偵が気づいた。
アーリンは昔から頭が良く、両親から大事にされていた。アントニーは、アーリンを人質にしてグラッドストン家を乗っ取ろうとしていた。一家の汚点は排除しなければならないと思ったと、アーリンは笑いながら答えた。
そして彼は逮捕された。新米探偵は、見事殺人鬼アーリン=グラッドストンを倒した。
カメオ「…なるほど。面白かったです。ありがとうございました。」
ギャルヴィン「お世辞なんて言わなくていいよ。こちらこそ付き合わせてすまなかった。」
カメオ(この時、僕は最悪の想定を頭の中に一瞬思い浮かべてしまった。さっきの話、実は教授が犯人の実話なんじゃないかって。…でも、恐ろしくて聞けなかった。今まで気がつかなかった、いや、気がついてはいけない気がしていた。
僕は、その想定をすぐに頭の奥底に封印した。…だって、あんなに優しくしてくれた教授を殺人鬼だなんて思いたくなかったから。)

ギャルヴィン(…亀田君、君には言わなかったが、これは2つ脚色を加えた実話なのだよ。1つ目は、登場人物の年齢を全員10歳程足して書いたこと、そしてもう一つは…)
アリス(…殺人鬼の正体を暴いてくれる名探偵なんて実際にはいなかったことさ。)
19年02月06日 00:40 [もてぃお('ω')]
相談チャットです。この問題に関する事を書き込みましょう。
トーゴー>>出題ありがとうございました。これが初めての殺人だったのかな?[17日19時02分]
シン>>出題ありがとうございました。ミステリー好きなので楽しませてもらいました。[編集済] [17日17時36分]
もてぃお('ω')>>12日に出題したゲームの方も参加してみて頂けると幸いです。[16日12時39分]
もてぃお('ω')>>申し訳ございません。課題に追われておりましたm(_ _)m[07日00時07分]
ゲストの方は発言できません、ログインまたは登録してください。
アントニー=オリファント殺人事件…アリス=ギルマーティンを殺人鬼にした事件。ギルマーティン家で起こった。
ローマン=グラッドストン…本名ノーマ=ギルマーティン 当時38歳 ギルマーティン家の当主。事件の2年後、アリスに殺害される。その事件はクリストファーが仕組んだものとされた。
マリアンヌ=グラッドストン…本名マリア=ギルマーティン 当時34歳 ノーマの妻。事件の1年後、アリスに殺害される。その事件は強盗によるものだとされた。
アルバート=グラッドストン…本名アルフレッド=ギルマーティン 当時15歳 ギルマーティン家の長男。事件の1年後、アリスに殺害される。
ドロシー=グラッドストン…本名ドロシア=グラッドストン 当時11歳 ギルマーティン家の長女。事件の1年後、アリスに殺害される。
アーリン=グラッドストン…本名アリス=ギルマーティン 当時5歳 殺人鬼。ギルマーティン家史上ダントツの天才。当時は幼い子供だったため、誰にも疑われずに3年も人を殺し続けた。
アントニー=オリファント 当時25歳 表の顔は家庭教師。裏の顔は人身売買業者。アリスに裏の顔がバレて殺害される。
クリストファー=パーキンソン 当時68歳 執事。事件の2年後に濡れ衣を着せられて処刑される。
サラ=ハトルストーン 当時23歳 メイド。事件の半年後にアリスに殺害される。その事件は同僚が仕組んだものとされた。