「えぬじんのスープ」へようこそ!
ようこそ! ゲスト さん
 ログイン 新規登録

【ウミガメ】「 大事な一本杉 」

この町のシンボルとも言える大事な一本杉。
それは樹齢何百年とも言われており、人々はその樹を大切にして、今日まで生きてきた。

だがある日のこと、大変な事が起こってしまった。
そのシンボルとも言える一本杉を男が燃やしてしまったのだ。
当然そんな大事なものを燃やしてしまった男は怒られるはずであった。

だが男は怒られるどころか、むしろ町のみんなに感謝されるのであった。
一体何があったのだろうか?
19年02月04日 00:45
【ウミガメのスープ】【闇スープ】 [kopi]

宜しくお願いします。参加してくださった方有難う御座いました。

No.1[まつりぬい]02月04日 07:0102月04日 07:16

一本杉がどこに生えていたかは重要ですか?

YES。重要です。 [良い質問]

No.2[まつりぬい]02月04日 07:0202月04日 07:16

町のみんなが感謝したのは、杉の木がなくなったからですか?

NO。違います。 [良い質問]

No.3[まつりぬい]02月04日 08:1702月04日 08:27

男が一本杉を燃やしたのは、明るくするためですか?

Yes 。明るくするためです。 [良い質問]

No.4[まつりぬい]02月04日 08:2002月04日 08:27

町のみんなが感謝したのは、命が助かったからですか?

Yes 。命が助かったからです。 [良い質問]

No.5[まつりぬい]02月04日 10:3802月04日 12:32

夜に災害が襲った町で、男は町の人達の避難の目印になるように、避難場所に生えている一本杉を燃やしましたか?

Yes 。正解です。 [正解][良い質問]

No.6[nagigisuke]02月04日 14:5102月04日 16:20

杉の木は燃やさないと感謝されませんでしたか?

YES。結果的にそうと言えます。 [良い質問]

No.7[nagigisuke]02月04日 14:5102月04日 16:20

街の人たちは花粉症に悩んでいましたか?

NO。

No.8[nagigisuke]02月04日 14:5202月04日 16:20

男は一本杉を丸々燃やしましたか?

YES。一本杉を丸々燃やしました。

No.9[nagigisuke]02月04日 15:0102月04日 16:20

街の人たちは男が一本杉を燃やすまで危機的な状況にありましたか?

YES。危機的状況にあったと言えます。 [良い質問]

No.10[nagigisuke]02月04日 16:3002月04日 22:37

街の人たちは明かりが無い状態で、杉の木に火をつけることによって明かりを確保しましたか?

おおよそYESと言えなくも無いですがミスリード注意。 [良い質問]

No.11[nagigisuke]02月05日 15:5802月05日 18:25

男が火をつけた時間帯は関係ありますか? [編集済]

YES。重要です。 [良い質問]

No.12[nagigisuke]02月05日 16:1802月05日 18:25

街の人たちは飢餓から逃れるために作物を育てようとしましたか?

NO。違います。

No.13[nagigisuke]02月05日 16:1902月05日 18:25

街の人たちは杉の木を燃やして畑の肥料にしようとしましたか?

NO。違います。

No.14[るしゅ]02月05日 19:1002月05日 23:51

一本杉に何か変化がありましたか?

YESNO?NOで良いかな。燃えましたかね。

No.15[るしゅ]02月05日 19:1102月05日 23:51

一本杉が立っている場所は重要ですか?

YES。重要です。 [良い質問]

No.16[nagigisuke]02月05日 23:1502月05日 23:51

火をつけたのは夜ですか?

YES。夜方と言えます。 [良い質問]

No.17[るしゅ]02月06日 06:1002月06日 12:22

木が立っているのは道のど真ん中でしたか? [編集済]

NOかな。道のど真ん中とは言えません。

No.18[るしゅ]02月06日 06:4802月06日 12:22

町の人は、前から一本杉を迷惑に感じていましたか?

NO。迷惑に感じてはいません。

No.19[るしゅ]02月06日 19:4002月06日 21:45

町は何かの危機に陥るところでしたか?

YES [良い質問]

No.20[るしゅ]02月06日 19:4102月06日 21:45

木が立っているのは、町の中ですか?

NO。町の中ではありません。 [良い質問]

No.21[るしゅ]02月07日 01:2602月07日 12:25

危機とは自然災害ですか?

Yes 。自然災害です。 [良い質問]

No.22[るしゅ]02月07日 01:2602月07日 12:25

木が立っているのは平地ですか?

No 。平地とは言いづらいです。 [良い質問]

No.23[乾電池]02月07日 19:2102月07日 20:07

男は一本杉の全体を燃やしましたか?

YES。全体を燃やしました。

No.24[るしゅ]02月07日 20:0702月07日 20:11

山火事が起きていましたか?

NO。山火事ではありません。

No.25[るしゅ]02月07日 20:0802月07日 20:11

男は木を燃やせば自然災害を回避できると思いましたか?

NOで良いでしょう。木が燃えても自然災害は回避できませんでした。

No.26[るしゅ]02月07日 20:5302月07日 20:59

大雪が降りましたか?

NO。違います。

No.27[るしゅ]02月07日 20:5302月07日 20:59

一本杉は山にありましたか?

YES。一本杉は山にありました。 [良い質問]

No.28[乾電池]02月07日 23:3902月08日 02:07

男は悪意を持って燃やしましたか?

NO。男に悪意はありません。

No.29[乾電池]02月08日 03:5802月08日 07:05

燃やしたとき町に何か異変は起きていましたか?

YES。町に異変が起きていたと言えます。 [良い質問]

No.30[るしゅ]02月08日 08:0102月08日 21:34

地震が起こりましたか? [編集済]

NO。地震ではありません。

No.31[るしゅ]02月08日 08:0202月08日 21:34

自然災害は町に被害を出したが、一本杉を燃やすことで復興などの町の助けになりましたか? [編集済]

NO。復興の助けになったわけではありません。

No.32[乾電池]02月08日 11:3102月08日 21:34

町は危機的状況にありましたか?

YES。町は危機的状況にありました。 [良い質問]

No.33[乾電池]02月09日 01:4702月09日 10:51

危機とは自然災害ですか?

YES。自然災害です。 [良い質問]

No.34[乾電池]02月09日 15:3602月09日 16:43

自然災害により町は孤立していましたか?

NOかな。自然災害によって孤立していたとは言いづらいです。

No.35[るしゅ]02月09日 21:3402月09日 23:19

自然災害は、生き物によるものですか?

NO。生き物によるものではありません。

No.36[るしゅ]02月09日 21:3502月09日 23:19

男は一本杉だけを燃やしましたか?

YES。一本杉だけを燃やしました。 [良い質問]

No.37[乾電池]02月09日 22:2602月10日 09:44

木を燃やしたのは危機を町の外に知らせるためですか?

NOです。町の外ではありませんが・・・ [編集済]

No.38[乾電池]02月10日 02:2902月10日 09:44

燃やした木を使って何かをしましたか? [編集済]

NO。燃やした木を特別使う必要があったわけではありません。

本日で〆なのでヒントをいくつか。
・この一本杉がどこにあるかは重要です。
・燃やす理由がちゃんとあります。
・町の皆は命が助かったので男に感謝しました。
No.39[るしゅ]02月10日 11:2902月10日 12:37

一本杉が倒れて潰される可能性がありましたか?

NO。違います。

No.40[るしゅ]02月10日 11:3002月10日 12:37

自然災害は台風ですか?

NO。台風ではありません。

A目印が無い時代の宵時に襲い掛かった津波。逃げるべき避難場所を杉を燃やす事で皆に知らせ、町の住人を救ったから。

時は江戸時代。この町は豊富な海産物が取れる港町として有名であったが、亀吉は働きもせず毎日のように近くの山で
惰眠を貪っていた。
とある日の暮れ時、あいも変わらず山からの眺望を楽しんでした亀吉はふと異変に気が付く。今日はやけに海が荒々しい。
それはいつも同じ山でごろごろしている亀吉にしか気が付かない僅かな違いであった。
こいつは何かが来る。亀吉は力いっぱい叫んだ。『おいみんな、津波が来るぞー!!逃げろー!』
この町全てを飲み込みかねない大津波が迫っていた。
しかし今は暮れ時。この時代の高台に目印になるようなものはなく、町の人々は逃げ惑っていた。
すると亀吉は町のどこからでも見える一本杉を燃やして叫んだ。『俺が居る場所はここだー!ここまで逃げれば大丈夫だー!』
煌々と燃え上がる一本杉。山から聞こえる声。これは亀吉の声に違いない。町の人々はその燃え盛る杉を目指して走り何とか
津波が襲い掛かる前に逃げおおせた。それからしばらく経ち、津波に飲み込まれる街。亀吉の行動が町の皆を救った。
亀吉は皆に感謝されるのであった。
19年02月04日 00:45 [kopi]
相談チャットです。この問題に関する事を書き込みましょう。
るしゅ>>自然災害を特定できず、、、出題ありがとうございました![11日01時03分]
kopi>>参加して下さった方有難う御座いました。月曜日になりましたので〆ます。[11日00時01分]
kopi>>宜しくお願いします。[07日20時07分]
乾電池>>参加します[07日19時20分]
まつりぬい>>出題ありがとうございました。[06日22時22分]
kopi>>宜しくお願いします。[05日23時51分]
るしゅ>>参加します![05日19時10分]
kopi>>宜しくお願いします。こちらは比較的まともな問題となっております・・・[04日07時16分]
まつりぬい>>参加します。よろしくお願いいたします。[04日07時01分]
ゲストの方は発言できません、ログインまたは登録してください。