「えぬじんのスープ」へようこそ!
ようこそ! ゲスト さん
 ログイン 新規登録

【ウミガメ】「 殺し屋+おまけの仕事記録Ⅴ 」

お祭り当日
レイジ「ナナミちゃんまだかな〜」
ナナミ「レイジ君!ごめんね。待った?浴衣の着付けに手間取っちゃって。」
レイジ(かっ…可愛すぎる…)「…全然待ってないよ。それより浴衣綺麗だね。よく似合ってるよ。」
ナナミ「…そうかなぁ。」
レイジ(それにしても、こんな美少女がなんで俺なんかと一緒に祭りに…?)
レイジ「…なあ、ナナミちゃん…今更なんだけど、なんで俺の誘いOKしてくれたの?」
ナナミ「…まあ1年1組の一員として、クラスメイトの頼みは断れないからね。」
レイジ(なんていい子なんだ…!
ナナミ「花火綺麗だね〜!」
レイジ「君の方が綺麗だよ。」
ナナミ「レイジ君…///」
的な妄想をしてた過去の俺に聞かせてやりたいよ…)
ナナミ「…えっと、まず何しようか?」
レイジ「そうだね。じゃあまずはー…‼︎」
ナナミ「レイジ君どうしー…‼︎」
レイジ「…えっと」
ナナミ「…ごめん。帰る。」
レイジ「…えェ!?」Σ(゚д゚lll)ガーン

なぜナナミは急に帰ると言い出したのでしょうか?
18年12月13日 07:07
【ウミガメのスープ】 [もてぃお('ω')]

どうしても我慢できませんでした。

No.1[乾電池]12月13日 10:2612月13日 11:51

レイジとナナミは何かを見て驚きましたか?

Yes [良い質問]

No.2[乾電池]12月13日 11:5612月13日 12:01

見たものは人ですか?

Yes [良い質問]

No.3[乾電池]12月13日 12:0312月13日 12:10

見た人物は二人の知り合いですか?

Yes [良い質問]

No.4[乾電池]12月13日 12:1912月13日 12:21

二人が見た人物は、二人がここにいることを知っていますか?

Yes [良い質問]

No.5[乾電池]12月13日 12:3812月13日 13:25

その人物は二人を探していますか?

No

No.6[乾電池]12月15日 02:3712月15日 04:00

二人はその人物がそこにいるとことに驚いたのですか?

レイジYes、ナナミNo [編集済] [良い質問]

No.7[うわばみ]12月15日 04:3812月15日 04:47

その人物とはキルのことですか?

Yes‼︎ [良い質問]

No.8[うわばみ]12月15日 04:5212月15日 04:58

ナナミとキルは仲が良くないですか?

No

No.9[うわばみ]12月15日 05:1912月15日 05:35

ナナミが見て驚いた相手はレイジですか?

Yes [良い質問]

No.10[うわばみ]12月15日 05:3712月15日 05:42

ナナミはキルとレイジの関係を勘違いしていますか?

Yes [良い質問]

No.11[うわばみ]12月15日 05:4812月15日 05:53

ナナミはキルとレイジが付き合っていると思いましたか?

Yes [良い質問]

No.12[うわばみ]12月15日 06:0312月15日 06:05

彼女が居るのに私を誘うとか…ないわー、マジないわー。ですか?

No

No.13[うわばみ]12月15日 06:0712月15日 06:08

キルを見たレイジの表情に問題がありましたか?

No 表情ではなく… [良い質問]

No.14[うわばみ]12月15日 06:1112月15日 06:12

発言に問題がありましたか?

Yes [良い質問]

No.15[うわばみ]12月15日 06:1412月15日 06:15

レイジの発言によって、ナナミはキルとレイジが付き合っていると勘違いしましたか?

Yes [良い質問]

No.16[うわばみ]12月15日 06:1812月15日 06:18

「見つかったら殺される」のような事を言いましたか?

No

ナナミは、レイジがキルと付き合っていると勘違いをしました。レイジの態度も重要ですが、それだけではありません。
No.17[うわばみ]12月15日 06:2012月15日 06:27

キルはレイジ達に気がついていましたか?

Yes 2人と目が合いました。 [編集済] [良い質問]

No.18[うわばみ]12月15日 06:2812月15日 06:29

キルが何をしていたかは重要ですか?

No

No.19[うわばみ]12月15日 06:3012月17日 19:08

キルは何かを言いましたか?

No 勘違いの原因はキルではありません。 [編集済] [良い質問]

No.20[うわばみ]12月15日 10:2712月15日 11:56

レイジが何かを言いましたか?

Yes レイジも何か言いました。

No.21[うわばみ]12月15日 13:5312月15日 16:01

ナナミは何かを言いましたか?

No

本当にそこにいたのは3人だけなのでしょうか?
No.22[うわばみ]12月16日 00:4912月16日 02:28

キルは誰かと一緒にいましたか?

Yes‼︎ 1人だったら成立しません。 [良い質問]

No.23[うわばみ]12月16日 03:3012月16日 08:45

キルと一緒に居た人物はレイジやナナミとも知り合いですか?

Yes 顔は知っていたんじゃないでしょうか。

No.24[うわばみ]12月16日 15:0212月16日 16:06

キルと一緒に居た人物が「なんだよ彼氏か?」のような事を言いましたか?

Yes‼︎ [良い質問]

No.25[うわばみ]12月17日 01:0612月17日 01:22

キルもレイジも、特にその発言について否定しませんでしたか?

No

No.26[うわばみ]12月17日 15:4112月17日 16:15

二人とも否定したが、そのせいでかえって付き合ってるっぽくなってしまいましたか?

Yes [良い質問]

キルの連れが余計なことを言い、2人とも否定したせいで付き合ってる感が出てしまいました。
それでナナミが帰ったのですが、ナナミはなぜ帰ってしまったんでしょうか?
No.27[左伊多津万]12月18日 02:3012月18日 07:10

ナナミがレイジの誘いに乗った本当の理由と関係がありますか?

Yes [良い質問]

No.28[うわばみ]12月19日 01:0112月19日 09:32

ナナミはレイジの事が好きでしたか?

Yes [良い質問]

No.29[うわばみ]12月19日 13:2612月19日 14:42

ナナミはレイジに告白するつもりでしたか?

Yes [良い質問]

No.30[うわばみ]12月20日 00:4512月20日 01:02

ナナミはレイジに告白するつもりだったが、彼女がいるなら仕方がないと諦めて帰りましたか?

Yes‼︎ Congratulations‼︎ [正解]

レイジ「そうだね。じゃあまずはー…‼︎」
キル兄「イェーイ!キルゥ〜!浴衣似合ってるよ♡はい笑って〜」パシャッ
キル「おいやめろよ!ぶっ殺すぞバカ兄貴!」
キル母「あらあら〜」ニコニコ
レイジ(ゲーッ!!?なんでアイツがここに!?)
ナナミ「レイジ君どうしー…‼︎」
キル「…あ゛っ」
完全にレイジとキルは目が合った。
レイジ「…なんでここにいんだよ!行かないんじゃなかったのか!?」
キル「う、うるせえな!こっちだって不本意だよ!」
数時間前
キル母「ねえきーちゃん、一緒にお祭り行きましょう?」
キル(ババァにはボクのトラウマのこと隠してるからな…)「…そういう気分じゃない。兄貴と2人で行ってきなよ。」
キル母「…一緒に行きましょう?ね?」ゴゴゴゴゴ…
キル(マジすか…)「…はい。」

キル「ってことがあったんだよ!」
レイジ(コイツの以外な弱点がここで発覚するとはな。)「用がないならさっさと行け!」シッシッ
キル「ヘェヘェ」
ナナミ(仲良さそうだな…)
キル母「あら〜、あなたがきーちゃんの彼氏君?こんなところで会えるなんて嬉しいわぁ〜!よかったら一緒に回らない?」
レイジ&キル「いいえ赤の他人です‼︎」ブンブン
ナナミ(同時…やっぱりそうだったんだ…)
レイジ(…はっ!しまった!ついコイツのペースに流された!)「…えっと」
ナナミ「…ごめん。帰る。」
レイジ「…えェ!?」Σ(゚д゚lll)ガーン
キル(…。)

ナナミ「…そっかぁ。やっぱりレイジ君…御屍さんと付き合ってたんだ…。あーあ…せっかく一緒に行けることになったのに…
…告白しそびれたなぁ。向こうから誘ってくれたからもしかしてって期待してたんだけど…やっぱり向こうはただの友達としか思ってないのかなぁ。…あはは、私バカだよね。御屍さん私なんかよりずっと美人だし…私なんかが2人の間に入れないよ。」
キル(…なるほどな。円はあのモブのことが好きだった。でもボクとモブが付き合ってると勘違いして、自分がボクたちの邪魔になると思って身を引いたってわけか。別に変なとこで空気読まなくてもよかったのに。)

レイジ「どこ行ってたんだよ。」
キル「…別に。」
レイジ「はあ…ナナミちゃん…せっかくチャンスだったのにぃ…まあでも向こうは俺のことなんか全く視界に入ってないだろうから別にいっか。…はあ、高望みだったか〜」
キル(…ニブいのはお前の方だろ。)
18年12月13日 07:07 [もてぃお('ω')]
相談チャットです。この問題に関する事を書き込みましょう。
もてぃお('ω')>>Ⅵも参加して頂けると嬉しいでござるんるん[編集済] [13日12時12分]
乾電池>>参加します[13日10時26分]
ゲストの方は発言できません、ログインまたは登録してください。
キャラ情報
円七海(マドカ ナナミ) 15歳 152cm 44kg 2/17(水瓶座)生 A型 B80/W55/H80 Cカップ 得意教科:国語、家庭科 苦手教科:数学、体育 趣味・特技:ピアノ、お菓子作り 好きなもの:クッキー、阿部礼司、妹、動物、子供 嫌いなもの:雷、お化け、虫 高校1年生。Kヶ峰学園1年1組の女子生徒。超高校級のマドンナ。色白黒髪ロングストレートというTHE大和撫子な特徴を詰め込んだ超絶美少女。おまけに性格は天使通り越して女神。ナナミたそかわゆいよハアハア。斉◯楠雄の◯難の照◯さんポジ。彼女との共通点は、クラスメートの主人公が気になる存在であること、相違点は、彼女は自分が美少女であることを自覚済みだがナナミは無自覚であること。入学式でレイジに一目惚れしてから、ずっと密かに想いを寄せていた。年の近い妹(APP18、中3)がいる。見た目はナナミにそっくりだが性格は真逆の鬼畜ヤンキー。それでもナナミにとってはたった一人の可愛い妹。動物や子供が大好き。将来の夢は獣医か保育士。
STR8 CON8 DEX9 INT16 APP18 SIZ8 POW11 EDU11 SAN55

御屍義鏤(ミカバネ ギル) 26歳 185cm 70kg 4/25(牡牛座)生 O型Rh- 趣味・特技:キルの追っかけ、ギター 好きなもの:御屍葵鏤、タピオカミルクティー 嫌いなもの:家族以外の人間 キルの兄。元超高校級の処刑人。見た目は爽やかなイケメンだが、中身は病的なシスコン糞兄貴。キルの写真を部屋中に貼り付け、携帯の待ち受けの画像(キル)を顔面に押し付けてスゥハァするド変態。自分はキルのことをこんなに愛しているのだからキルも自分のことが好きに違いないと思い込んでいるヤバい人。将来キルと結婚するのは自分だと本気で思い込んでいる。キルのために必死で純潔を守り続ける寒い童貞野郎。…捨てられる日なんて来るんだろうか。彼女いない歴=年齢のくせにモテる。誰か精神科医連れてこい。職業柄性格は基本的にSだがキルに罵倒されてエクスタシー感じちゃったりなどドMな面も持ち合わせる。キルが未だに男性経験が無いのは8割方コイツとキルパパのせい。黒髪碧眼。
STR17 CON18 DEX18 INT17 APP16 SIZ15 POW17 EDU21 SAN85

御屍唯蠓(ミカバネ イム) 43歳 178cm 62kg 6/6(双子座)生 A型Rh- B98/W60/H90 Iカップ 趣味・特技:拷問、ガーデニング 好きなもの:家族、拷問器具、タピオカミルクティー 嫌いなもの:反抗期 ギルとキルの母親。通称イム様。史上最凶のママン。元超高校級の拷問官。旧姓は須栗(スクリ)。20年間容姿が全く変わっていない。40代なのに見た目はどう見ても20代前半っていう。恐ろしい女。高1でキルパパ(当時高3)にガチ惚れし猛アタックした結果その年の夏に結婚し17歳でギルを出産。銀髪碧眼。長身爆乳。若い頃はキルにそっくりだった。何でもアラアラウフフで済ませるおっとり系だが怒るとキルですら死を覚悟するレベルで危険。マ◯ロファージさん的存在。ギルをぎー君、キルをきーちゃんと呼んで可愛がっている。
STR17 CON18 DEX18 INT17 APP17 SIZ13 POW18 EDU21 SAN90

キルパパ ギルとキルの父親。御屍家の当主。史上最凶のパパン。お顔は常にログアウト。娘を溺愛している。キルのセコム。娘にすり寄ってくる男は問答無用で抹殺する。キルパパもギルもキルに異常なまでの愛情を注いでいるのは同じだが、その本質は全く別物。(キルパパは娘が心配だから他の男を排除したがる。そのためキルの気分を害することは絶対にしない。一方でギルは妹を独り占めしたいから他の男を排除したがる。そのためキルが嫌がること(盗撮やストーカー行為)も平気でする。)ギルとはギブアンドテイクの関係。たまに利害が一致せず殺し合いになるが、それをなだめるのがイム様の仕事。イム様には頭が上がらない。かなりヤバいお仕事をしているご様子。ヘビースモーカー。キル曰く「顔が超怖い」。好物はタピオカミルクティー。血液型はB型Rh-。45歳。身長は2m超え。

御屍葵鏤(ミカバネ キル) 学園内で唯一容姿でナナミと互角に渡り合える猛者。体型はイム様の血を受け継いでいらっしゃる。陰では母親をババア、兄をシスコン変態野郎、歩く公然猥褻と呼んでいるがイム様に強制的にイム様をママ、ギルを兄貴と呼ぶように矯正されている。パパとシスコン兄貴に溺愛されて育った。本人はそれがお気に召さないご様子。ダブルセコム(兄貴の方はセコムかどうか怪しい)にがっちりガードされて育ったため、16年間男と本気で付き合ったことが一度もない。(仕事の関係上交際しているフリをすることは何度かあったが。)

御屍家 当主、妻、長男、長女の4人家族。使用人を雇ったり近海を買収したりできる程の金持ち一家ということ以外は謎に包まれた家庭。一家全員が人を痛めつける系の職業に就いている。超ハイスペックファミリー。何故か一家全員タピオカ推し。