「えぬじんのスープ」へようこそ!
ようこそ! ゲスト さん
 ログイン 新規登録

【ウミガメ】「 おしん 」

田舎から出てきたばかりの野暮ったい女。
とあるお城の厨房で下働きをしていたので「灰被り」と呼ばれた。
真面目であったが物知らずと見えたので、多くの人は、灰被りをからかって遊んだ。

ある日、出掛けたいというので厨房を預かる料理長は快く許可した。
この城のワガママ王子は、別の城の舞踏会に出かけるので、今日は厨房も忙しくはならないだろうという判断だ。

さて、その晩。
王子はひどく不機嫌で帰っていたした。
灰被りは恍惚とした表情で帰って来た。

そして、灰被りは、ある決意を固めたのであった。

Q灰被りに何があって、何を決意したのでしょう?
18年12月04日 22:01
【ウミガメのスープ】[名無しますか?]

元ネタはグリム童話じゃないんです

No.1[左伊多津万]12月05日 00:3612月05日 00:37

カニバリますか?

no たべません

No.2[Tamino]12月05日 00:5012月05日 00:58

灰被りと王子の行き先は同じでしたか?

no 行き先違います

No.3[Tamino]12月05日 00:5012月05日 00:58

灰被りは同僚から嫌われていましたか?

no 感情として「嫌い」ではありません、むしろ好きだからちょっかい出しているヤツかも? [良い質問]

No.4[Tamino]12月05日 00:5112月05日 00:58

灰被りの外出は、自分のための用事でしたか?

yes!

No.5[Tamino]12月05日 01:0012月05日 01:01

王子と灰被りの機嫌は、同じ原因によるものですか?

yes [編集済] [良い質問]

No.6[左伊多津万]12月05日 02:0512月05日 02:13

王子と灰被り以外に重要な登場人物はいますか?

yes ナンバー3参照「同僚」重要です [良い質問]

No.7[ちるちる]12月05日 02:0712月05日 02:13

灰被りが下働きをしている厨房の料理はおいしいですか?

yes でもきっと関係ないです

No.8[左伊多津万]12月05日 02:3112月05日 02:56

灰被りは一人で出かけましたか?

yes

No.9[うわばみ]12月05日 06:1412月05日 11:18

この後灰被りと同僚が交際する可能性はありますか?

no 問題となっている「何か」がなければ可能性は高かったです [良い質問]

No.10[うろこ]12月05日 13:5512月05日 16:07

王子に恋愛にかかわるイベントがありましたか?

no 「恋愛」とは言えないので……

真面目+物知らず=だまされやすい≒信じてしまう
No.11[左伊多津万]12月05日 17:5812月05日 18:29

王子が灰被りをからかうつもりで付き合おうと言ったら本気にされましたか?

no

No.12[TEL]12月05日 18:3712月05日 18:39

灰被りは勘違いをしていますか?

yes 勘違いと気づかずに突き進んだ感じです [良い質問]

No.13[TEL]12月05日 18:4112月05日 18:43

勘違いしているのは、同僚の言った言葉ですか?

no 同僚は関係しますが「言葉」を勘違いしていません [良い質問]

No.14[TEL]12月05日 18:4712月05日 18:56

王子の不機嫌に、同僚は関係していますか?

yes 間接的ではありますが、関係していることになります [良い質問]

No.15[TEL]12月05日 19:0112月05日 19:11

王子を社長などに変換すれば、現代日本でも成立しますか?

おそらくno! 「現代日本」では信心がたりないでしょう [良い質問]

No.16[Tamino]12月05日 19:2812月05日 20:47

灰被りが興奮しているのは、お告げを受けたと思い込んでいるからですか?

yes? 直接的におつげ(callng:お召し)ではないのですが、神を身近に感じたという意味ではトランスエクスタシーに分類できる興奮です。 [編集済] [良い質問]

No.17[TEL]12月05日 22:0812月05日 22:22

葡萄は関係ありますか?

no ブドウおよびブドウ加工品にほとんど関係しません

No.18[TEL]12月05日 22:2812月05日 23:02

灰被りは、自分が王子と結ばれると思っていますか?

no その程度の身分の男では相手にしません [編集済] [良い質問]

No.19[TEL]12月05日 23:0912月05日 23:15

灰被りと王子は出会っていますか?

no おそらく一生会うことはないでしょう! [良い質問]

No.20[Tamino]12月05日 23:1612月05日 23:19

同僚がからかった内容が原因で灰被りは出かけることを決めましたか?

no 灰被りは、そんなこといちいち気にしません

夜、あなたならば、どうやって「信じやすい人」をからかいますか?
No.21[Tamino]12月05日 23:2212月05日 23:29

同僚は灰被りの寝てるところに、神相当に変装して現れ、お告げのような発言をしましたか?

no 時系列的に、帰って来た直後には恍惚としているため、しかけているのはその前ですね [編集済]

No.22[TEL]12月05日 23:2712月05日 23:29

灰被りは、自分が神様になると思っていますか?

no んー、この作中世界の「神」は男性名詞で唯一神です [編集済]

No.23[Tamino]12月05日 23:3112月05日 23:36

灰被りの出かけた先に、同僚はいましたか?

no 出かけた先は病気がちのおばあさんがひとりいましたが、本問に全く関係ない人物です、狼にもなりません [編集済]

No.24[TEL]12月05日 23:3512月05日 23:37

前日の同僚のからかいにより、灰被りは出掛けましたか?

no ナンバー20、からかわれてもあんまり気にしていないというか、根に持たないタイプなんでしょうね

No.25[TEL]12月05日 23:3912月05日 23:45

灰被りは、尼さん(シスター)になりますか?

Yes!! 正解要素がひとつ開きました。ではどうして? [正解][良い質問]

No.26[左伊多津万]12月06日 01:3712月06日 01:42

おばけのフリをして灰被りの前に現れたら王子も目撃してしまって(´・ω・`)になりましたか?

Yes!! 同僚たちのからかいは「おばけ」です!すばらしい!また、王子もそれを目撃しているところも正解です [編集済] [正解][良い質問]

おばけを見る→シスターになる決意をする

間を結んでください。
No.27[くるっくー]12月07日 00:2812月07日 01:13

灰被りは迷える魂を自分が成仏させたと勘違いしましたか?

No エクソシストとシスターはちょっと宗教形態が別物です

No.28[くるっくー]12月07日 01:4812月07日 01:53

灰被りはおばけを精霊だと認識しましたか?

No

No.29[左伊多津万]12月07日 02:2212月07日 02:26

キリスト教の知識は必要ですか?

No 全く必要ありません、なぜなら、元ネタは日本の古文です

No.30[左伊多津万]12月07日 02:3812月07日 02:40

自身の霊感が高いと勘違いしましたか?

No

No.31[しれん]12月07日 12:3412月07日 13:23

灰被りと王子のそれぞれの行き先を特定する必要はありますか?

No 要りません

No.32[しれん]12月07日 12:3512月07日 13:23

王子はおばけを見た恐怖により機嫌が悪くなりましたか?

Yes そういうことです。

No.33[くるっくー]12月07日 13:3112月07日 13:31

幽霊がいる→神様もいる→王子より偉い神様と結婚してやる と発想が飛びましたか?

Yes!! 完璧です! [正解]

元ネタ、お分かりのかたもいらっしゃるかもしれませんが「シンデレラ」ではないです。
「花月草紙」という、よく高校入試の受験問題とかになる古文です(作者はかの幕閣、松平定信)。
これをドイツ民話風(ベヒシュタイン風)に直したものが本文。

答えは
【帰り道で幽霊らしきものをみた】
【幽霊がいるなら神も確かにいるのだ……!】
【神がいるならば神の妻(修道女:シスター)になろう】


以下、裏ストーリー
灰被りが出かける、どうやら日が暮れたころに帰るらしい。
厨房の連中は、この灰被りが、からかうと面白い反応をするので病みつきだ。
「夜だろ?
ぼろきれとカカシやなんやかやで、幽霊みたいの作って帰り道においとけよ、
震え上がって厨房に飛び込んでくるぜ、抱きつかれちゃったりしてな?」
下卑た男どもがそんな策略を練っているとはつゆ知らず、

さあ、灰被りが帰ってくると、なにやら恋でもしているかの表情。
「おまえ、最近あの道じゃ幽霊が出るって噂だぞ?」
ワナにかからなかったのかと、男どもが声をかけると
「ええ、幽霊みたいなの、見たと思うの。信じられなかった、
まさかいると思わなかったもの。
だから、きっと、今まで見たことはないけれど、神様もいると思うの。
私、世界一の男の妻になるわ……っ」
ファンの男どもは、この世間ズレっぷりにガックリ。
灰被りはさっさと身支度を整えると、修道院に向けて出立した。
誰も引き止められなかったのは、まず間違いなく、誰の目から見ても
灰被りよりもシスターに適性があるだろうと思われたからだ。

さて、たまたまにして、時間が少しズレながらも、
くだんの道を馬で通りかかった王子は、メチャクチャびびった。
(放送禁止)で(放送禁止)したうえに(放送禁止)した女が、自分に復讐しにきたのだと思った。
……が、ただのボロをまとったカカシだった。
「くだらん真似をぉぉぉおおおっ」
自分にやましいところがあると、不機嫌になるものである。
18年12月04日 22:01 [片岡]
相談チャットです。この問題に関する事を書き込みましょう。
しれん>>出題ありがとうございました。古文が元ネタとは……![07日15時55分]
[名無しますか?]>>たくさんのご参加ありがとうございました!……いまさらですが、「帰っていたした」は誤字ですね「帰っていらした」です[07日13時39分]
しれん>>参加させていただきます![07日12時32分]
ゲストの方は発言できません、ログインまたは登録してください。